QLOOKアクセス解析

折り紙「花火」の折り方!《超簡単》《立体ユニット》を紹介

 
 
夏の風物詩といえば「 花火


夜空を彩る美しい花火も、折り紙で作れるんです^^
折り紙ってすごい!



今回は、

  • とっても簡単!ハサミを使う花火の折り方
  • クルクル動くユニット折り紙!美しい花火の折り方


2つの折り方をご紹介します。


スポンサードリンク




1. とっても簡単!ハサミを使う花火の折り方



難しさ:★☆☆☆☆

ハサミを使うので、小さい子が作る場合は怪我しないように、
大人の方が一緒についてフォローしてあげて下さい。



    用意するもの


  • 花火の色の折り紙・・・3枚(それぞれ違う色)
  • ハサミ
  • のり(のり付けはお好みで)

折り方の動画です






スポンサードリンク



    簡単な花火の折り方&切り方

     《所要時間の目安:2分~》

    3枚(3色)の折り紙を用意します

    まず、重ねる順を決めて下さい。

    決めたら次は、紙を二つ折りの長方形にして、
    もう一度折って正方形の形を作ります。

    3枚全部同じ正方形に折って下さい。

    動画のように3枚をずらして重ねながら、切る位置を決めます。
    エンピツなどで目印をつけると、切る時に楽です。


    紙を切ります

    目印をつけたら、正方形の状態から角を合わせて三角に折ります。
    印を目安に、ギザギザにハサミを入れていきます。

    残りの2枚も同じように三角に折り、ハサミを入れます。


    花火の形を作ります

    切った3枚を広げ、大・中・小の順番に重ね合わせます。
    動画にはありませんが、のり付けするとズレなくて良いです。
    (ここはお好みで^^)




小さい子でも折れる、簡単な花火の折り方です。


ギザギザに切るのが難しい場合は、
はじめから刃がギザギザになっているハサミでも。


怪我のないように、楽しく作って下さいね^^



2. クルクル動くユニット折り紙!美しい花火の折り方



難しさ:★★★★☆

綺麗に、楽に仕上げるコツは、パーツを丁寧に作ること。
(大人の方がひっそり作るのをオススメします・・・)
パーツの数が多めなので少し時間がかかりますが、
折り方自体は簡単で、動画も見やすいです。

パーツを組んでいくのも慣れると簡単ですが、
端と端を止めるのにコツがいります。


    用意するもの



  • お好みの色の折り紙・・・12枚

折り方の動画です






    クルクル動く花火の折り方 

     《所要時間の目安:20分~》

    折り紙「花火」の折り方 クルクル動くユニット花火①


    折り紙「花火」の折り方 クルクル動くユニット花火②


    折り紙「花火」の折り方 クルクル動くユニット花火③


    まずはパーツを12個作ります

    動画がとても見やすく撮られているので、
    動画の通りの手順で折れば大丈夫です。

    おおまかに言うと、
    ① 折り目をしっかりつける(紙の表裏にも注意)
    ② 折り目の通りに山折り・谷折りして折りたたむ
    ③ 細かい部分を折り、形を作っていく

    ここでのコツは角と角、端と端をきっちり合わせ、
    丁寧に折っていくことです。
    ズレが少ないほど、パーツ同士を組み合わせる工程が楽になり、
    仕上がりの綺麗さにも違いが出ます。


    パーツ同士を組み合わせます

    こちらも動画を参考に、丁寧に組んでいって下さい。
    パーツの重ねる部分・組み合わせ方を動画でしっかり確認する事が、
    綺麗に仕上げるコツのひとつでもあります。


    ① 12個のパーツを繋ぎ合わせる
    1つのパーツに、もう一つのパーツを差し込み、重ね、
    重ねた部分を一緒に折る事で、のりを使わずに繋げていきます。


    ② ①で組んだパーツ同士の連結部分を折り返す
    ①を組み終わると、長いへびのような形になります。
    この、パーツの連結部分を開いて、1か所ずつ手前に折り返します。
    端と端は折らないで下さい。


    ③ 全体を広げていき、端と端を組み合わせる
    この工程は、非常に難しかったです。
    全体をしっかり広げながら形を整え、端同士を充分に近づけてから組みます。

    組んだら、連結部分の外側を手前に折り返します。
    内側の飛び出た部分は、パーツ全体をぐるりと裏返してから折ります。
    (ここは動画をしっかり確認して下さいね)


    形を整えます

    動画を参考に、全体の形を綺麗に整えて完成!



お疲れ様でした^^


初めて折られる方は、かなり時間がかかったと思います。
結構、肩が凝りますよね^^;


でも、とても素敵なものに仕上がったのではないでしょうか♪



ただこちらのユニット花火は、
小さいお子さんに手伝ってもらうのはオススメ出来ません・・・。


実は我が家でも4歳娘が「やりたい!」と言いだしたので、
パーツ作り(の折り目をつける工程)をやってもらったのですが、
大人のようにキッチリ綺麗に折れるわけではないので、
出来あがったパーツがかなり歪んでいて。


娘の手前、あからさまに手直しするわけにもいかず、
ちょっと歪なパーツを何個か、一緒に組んでいったら、
全体の形まで歪んでしまって、えらく大変な思いをしながら完成させました・・・。


でも、出来あがったお世辞にも綺麗とはいえない花火を見て
それでも嬉しそうに遊んでくれたのは救いでしたが^^




あとがき





花火の折り方(切り方)を2つ紹介しましたが、
いかがでしたか??


これから花火大会が各地で行われますよね。


大人はもちろん、子供も花火が大好きなので、
ぜひ、折り紙でも素敵な花火を作ってみて下さいね~^^







↓ 夏の折り紙はこちらにも^^ ↓


朝顔の《簡単》な折り方と《可愛い》折り方
《平面》ひまわりの折り方2つ!幼児向けもあります♪
ぷくっと立体的で可愛いひまわりの折り方
かっこいいカブトムシの折り方!二つ紹介してます!
ミーンミーン!セミの折り方《簡単》《ちょっと丸い》
幼児向けの金魚の折り方はココ!2つご紹介
子供向け金魚の折り方!《平面》と《立体》






スポンサードリンク



良く読まれているオススメの関連記事はこちらです

サブコンテンツ

このページの先頭へ