QLOOKアクセス解析

カフェイン適量摂取で良い効果が!妊娠中でもリラックス出来る?

ふぅ~。

大好きなコーヒー・紅茶を飲むと、
心身ともに癒されますよねぇ♪


これだからティータイムはやめられませんっ。



スポンサードリンク





さて、前回の記事(カフェインとは一体?毒にも薬にもなるって本当?)では、カフェインは毒にも薬にもなる成分がてんこ盛りの「アルカロイド」というものの一種だとお話しました。


超身近な飲み物に含まれる成分の話題で、トリカブトとかモルヒネとか、そんな物騒な言葉が出てくるとは思わず・・・・・・ 正直、結構ビビリました^^;


でも、カフェインが含まれているコーヒーや紅茶が、全世界の人たちに親しまれているのは事実!きっと良い成分に違いない・・・・・・! 
そう信じて、カフェインの効果を調べてみました~。



カフェインがもたらす良い効果

 

調べてみると、カフェインにはいくつか素敵な効果があることがわかりました。
その中でも一番嬉しいのはリラックス出来るということでしょうか♪

 

カフェインを適量に摂取する事によって、ストレスを感じた時に出てくるコルチゾールというホルモンを減少させる(ストレスが減る)効果があると言われています。
適量のカフェインを摂る事は、適度にリラックス効果を得られるという事なんですね。

 

・・・・・・こんな感じ?

 

 

お母さんがリラックス出来ると、お腹の赤ちゃんにも伝わります。
カフェインはダメと頭ごなしに禁止せず、1日1~2杯程度なら飲んでも大丈夫、と言ってくれるお医者さんがいるというのも頷けますよね。

 

カフェインには利尿作用もあるので、余分な水分が排出されむくみもスッキリ♪
また、運動をする30分前にカフェイン入りの飲料を飲むと、筋肉の持久力が上がるとも言われています。

 

その他にも・・・・・・

 

疲労感を減らしてくれる(疲れにくくなる)
脳の血管を収縮させる作用があり、偏頭痛を軽減してくれる
ドーパミンが分泌され、集中力がアップする

 

などなど・・・・・・
カフェインは適量を上手に摂取すると、私たちの生活を助けてくれるような効果があるんですね。

 

なので、鎮痛薬や風邪薬・栄養ドリンクの中にはカフェインが含まれているものが多いんですよ。

 

な~んだ、カフェインって良い事だらけなんだ♪
と、うっかり安心しきってしまいそうな私でしたが、色々と調べていくうちに、その結論は残念ながらまだ早いという事実も見えてきました・・・・・・。

 

次は、カフェインの過剰摂取による副作用のお話です。

 

次の記事 ⇒ カフェイン摂り過ぎると危険!?こんな副作用が!
     ⇒ カフェインの関連記事一覧に戻る

 



スポンサードリンク


良く読まれているオススメの関連記事はこちらです

サブコンテンツ

このページの先頭へ