QLOOKアクセス解析

折り紙「立体こいのぼり」の折り方!《超簡単》と《引き出し型》

 
 
ぺったんこで可愛いこいのぼりの折り方は結構あるけど、
立体こいのぼり折り方 ってあんまり見かけない! 
 
 
もしかして・・・・・・ない?
それとも難しいの?? ( ・◇・)?(・◇・ )



いえいえ、そんなことはアリマセン!
 
 
簡単超簡単立体こいのぼりの折り方と、
ちょっと変わった、引き出し型の立体こいのぼりの折り方
見つけてきました!

 
 
というわけで、今回は


① 幼児でもOK!超簡単な《立体こいのぼり》の折り方
② 可愛すぎ!《引き出し型の立体こいのぼり》の折り方

 
 
を、ご紹介しますね!
ぜひお子さんと一緒に、折ってみて下さいね~^^
 
 

スポンサードリンク



 

1. 幼児でもOK!超簡単な《立体こいのぼり》の折り方

 

難しさ:★☆☆☆☆
最後の立体的に仕上げる工程では、
上に重ねる方を確認して下さいね。

 
用意するもの
 ・こいのぼりの色の折り紙・・・1枚
 ・色ペン
 ・のり

折り方の動画です



 
スポンサードリンク


超簡単な「立体こいのぼり」の折り方 《所要時間の目安:1分~》

① 表を上にして、長方形になるように1回折る
  ↓
② そのままもう1回折り、正方形にする
  ↓
③ 開いて、中心の折り目に合わせ、片側を折る(こいのぼりの頭の部分)
  ↓
④ 裏に返して折り紙を縦になるように置き、
  中心線に向かって両側を折る
  ↓
⑤ 一度開いて、頭とは反対の両側を三角に折る
  ↓
⑥ 中心が山折りになるように、一度折り目をつける
  ↓
⑦ 向きに注意して端と端を重ねて差し込む
  ↓
⑧ 重ねた部分をのり付けする(※注意1)
  ↓
⑨ 色ペンなどで目やウロコを描いて《完成!》



 
 
※ 注意1 ・・・ 動画には出て来ません。
       仕上げた際、差しこんだ端がピラピラしてしまうので、
       のり付けした方が綺麗な形をキープ出来ます^^
 
 


 
 
とっても簡単な「立体こいのぼり」、いかがでしたか?
 
 
折り方さえ覚えてしまえば、
3歳~の小さいお子さんでも一人で折れると思います♪
 
 
我が家の4歳娘は、一度折り方を覚えたら、
それはそれは楽しそうに、折りまくってました・・・。
 
 
家のあらゆるところに点々と落ちているこいのぼり・・・。
けっこうシュールです ( ̄□ ̄;
 
 
 
・・・気を取り直して、
次は「こいのぼり型の引き出し」の折り方です♪
 



2. 可愛すぎ!《引き出し型の立体こいのぼり》の折り方

 

難しさ:★★☆☆☆
こいのぼり型の外枠は第1章でご紹介した折り方とほぼ同じ!
中の箱は少しコツがありますが、
一度折ってみて慣れたら簡単に折れます。

 
用意するもの
 ・こいのぼりの色の折り紙・・・1枚
 ・中の引き出し部分になる折り紙(少し小さめ)・・・1枚
 ・色ペン
 ・のり
 
折り方の動画です
 


 

引き出し型の立体こいのぼりの折り方 《所要時間の目安:3分~》
 
折り紙で「引き出し型の立体こいのぼりの折り方」イメージ画像① 外枠用の折り紙を、裏を上にして1回折り、
  一度開いて紙の向きを変え、もう一度長方形に折って開く
  ↓
② 裏返して表を上にし、
  中心の折り目に端を合わせるように片側を折る
  ↓
③ 裏返して紙の向きを変え(縦置き)、
  中心の折り目に端を合わせるように両側を折る
  ↓
④ 一度開いて、頭とは反対の方の両側下を三角に折る
  ↓
⑤ 下の端を、
  中心より上にある折り目に向かって折り、折り目をつける
  ↓
⑥ 上の端も同じように、
  中心より下にある折り目に向かって折り、折り目をつける
  ↓
⑦ 開いて、上側を下側に差し込む
  ↓
⑧ 重ねたところをのり付けする(※注意1)
  ↓
⑨ 色ペンで目やウロコを描いて《外枠が完成!》
 
 
⑩ 一回り小さい折り紙を用意し(※注意2)、
  2回折って正方形にし、開く
  ↓
⑪ 中心に向かって4回折って折り目をつける《動画を参照》
  ↓
⑫ 一度開いて紙の向きを変え、6回折る《動画を参照》
  ↓
⑬ 両端を2回ずつ三角に折り、端だけ折り目をつける《動画を参照》
  ↓
⑭ 開いて両端を中に折り込み、箱の形に仕上げていく《動画を参照》
  ↓
⑮ 折り込んだ部分を、のり付けして《引き出しが完成》
 
 
⑯ 出来あがった⑮を、⑨に差し込んで《完成!》



 
 
※ 注意1 ・・・ 動画にはありませんが、差しこんだ所がピラピラするので、
       のり付けをした方が、綺麗な形を保てます。
※ 注意2 ・・・ 動画では外枠用の折り紙より、7mm × 7mm 分小さくしています。
 
 


 


引き出し型の立体こいのぼりの折り方、いかがでしたか?
 
 

外枠は、第1章でご紹介した「超簡単な立体こいのぼり」と、
ほとんど同じ折り方ですので、とても簡単だったと思います。
 
 
 
中の引き出しは、箱型に仕上げる時にコツがありますが、
一度折ってしまえばとても簡単ですよね。
 
 
小さいお子さんと一緒に折る場合は、
簡単で出来上がりも楽しい外側をお子さんに折ってもらい、
中の引き出し部分を大人の方が折って、
「共同作成」しても楽しめるんじゃないでしょうか♪
 
 
 
我が家では、夜のうちにこの引き出し型立体こいのぼりを折って、
中にラムネ菓子を2個入れて(子供が2人なので)、テーブルに置いておきました。
 
 
 
朝起きてきた子供たちが、
とっても嬉しそうにしていましたよ~ (*’∀’人)♥*+
 
 
 
こどもの日の朝に、サプライズで用意しておく のも楽しいかも♪
 
 
 

あとがき

 
 
 
どちらの 立体こいのぼりもとても簡単 なので、
ぜひ楽しんで下さいね♪
 
 
 
最後まで読んで下さり、ありがとうございました。
 
 
 
スポンサードリンク




良く読まれているオススメの関連記事はこちらです

サブコンテンツ

このページの先頭へ